11月7日WBSSバンタム級決勝が開催されます。

井上尚弥選手の相手がノニト・ドネア選手ですが、ボクシング界ではその名を知られていましたが、ボクシングや格闘技をあまり知らない日本人にはそこまでの知名度はありませんでした。

そこで、今回は11月7日のWBSS決勝を前にノニト・ドネア選手の今までの戦績を紹介したいと思います。

ドネア選手は井上選手が戦う選手の中でも最も実績のある、そして尊敬する選手と言われていたので間違いなく最強の対戦相手と言われています。

そんなノニト・ドネア選手について試合前に頭に入れておくことでさらにWBSS決勝が面白くなると思います。

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

スポンサーリンク

ノニト・ドネア選手のプロフィールと現在までの実績

本名ノニト・ドネア・ジュニア、1982年11月16日生まれの現在36歳のフィリピン ボホール州タリポン出身のプロボクサーです。

身長は170cmでリーチは174cm。国籍はフィリピンと現在はアメリカ国籍も取得。

  • 元IBF世界スーパーフライ級王者
  • 元WBA世界スーパーフライ級暫定王者
  • 元WBC・WBO世界バンタム級統一王者
  • 元IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者
  • 元WBA世界フェザー級スーパー王者
  • 現WBA世界バンタム級スーパー王者

世界5階級制覇王者になります。アジア人として初めてボクシングの主要4団体(WBA、WBC、IBF、WBO)すべてで世界王者になったボクサーです。

兄もボクサーで世界挑戦経験があるグレンドネア選手。

幼い頃は、病弱で自殺を考えるほどのひどいいじめを経験(米国移住後)。いじめ対策と当時から兄がボクシングをやっていたことでボクシングを始めることに。

フィリピン生まれですが11歳からアメリカ・カリフォルニア州へ移住し、ボクシングもアマチュア時代米国で活躍しました。

ドネア選手の特徴は軽量級離れしたパンチ力です。しかし、しかしKOを狙っていることが多く待ちのボクシングをすると言われKO率は60%以下で決して高いKO率を誇っているわけではありません。

ニックネームはフィリピーノフラッシュ(フィリピンの閃光)と呼ばれ左フックの印象が強いイメージです。

ノニト・ドネア選手はスポーツ選手が自主的にあまりおこなうことがないドーピングにかんして積極的に参加し、通常よりも厳しいドーピング検査を受けています。

また大の親日家と言われており、自信のニックネームであるフィリピンの閃光の「閃光」というはちまきを巻いています。プライベートでも日本へ何度も足を運んでいるようです。

ノニト・ドネア選手のアマチュア時代の戦績

15歳でナショナルシルバーグローブ優勝。

後に16歳でミドル級世界ランカーとなるジェームスカークランドを倒しナショナルジュニアオリンピックで優勝を経験。

2000年のシドニーオリンピック国内予選選考会では兄とともにライトフライ級に出場しましたがブライアン・ビロリアに兄弟ともに敗れ米国代表権を獲得することはできませんでした。

その後は大学へは進学せずプロへ転向。ノニト・ドネア選手のアマチュア時代の戦績は76戦68勝8敗。

ノニト・ドネア選手のプロデビューから2019年11月7日までの戦績

プロボクシングでの戦績
45戦40勝(26KO)5敗

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2001年2月22日 1R 1:46 KO ホセ・ラサロ  アメリカ合衆国 プロデビュー戦
2 2001年3月10日 5R 判定0-3 ロセンド・サンチェス  アメリカ合衆国
3 2001年6月8日 4R 判定3-0 サウル・サントーヤ  アメリカ合衆国
4 2001年7月3日 1R 0:30 TKO ホセ・ルイス・トーレス メキシコ
5 2002年5月31日 2R TKO ノエ・アルマ フィリピン
6 2002年9月1日 2R KO カイチョン・ソー・ウォラピン タイ WBOアジア太平洋フライ級王座決定戦
7 2002年11月2日 8R 判定3-0 マーク・サレス フィリピン
8 2003年6月27日 1R 1:43 TKO ホルヘ・ロペス メキシコ
9 2004年6月18日 4R 3:00 TKO リカルド・バレラ メキシコ
10 2004年11月12日 8R 判定3-0 ヒルベルト・ムニョス メキシコ
11 2005年5月13日 6R 3:00 TKO パウリノ・ビジャロボス メキシコ
12 2005年7月2日 6R 判定3-0 ラリー・オルベラ アメリカ合衆国
13 2005年10月1日 1R 2:19 KO ダニエル・ゴンサレス メキシコ
14 2005年11月5日 8R 判定3-0 イルド・フリオ コロンビア
15 2006年1月20日 10R 判定2-1 カレン・ハルツニャン アルメニア NABF北米スーパーフライ級王座決定戦
16 2006年7月29日 2R 1:48 TKO ホセ・ルイス・カルデナス メキシコ
17 2006年10月7日 12R 判定3-0 オスカル・アンドラーデ メキシコ
18 2007年5月12日 1R 2:29 TKO ケビン・ハギンズ アメリカ合衆国
19 2007年7月7日 5R 1:38 TKO ビック・ダルチニアン オーストラリア IBF世界フライ級タイトルマッチ
IBF・IBO王座獲得
20 2007年12月1日 8R 1:16 TKO ルイス・マルドナド メキシコ IBF防衛1
21 2008年11月1日 6R 1:31 TKO モルティ・ムザラネ 南アフリカ共和国 IBF防衛2
22 2009年4月19日 4R 2:42 TKO ラウル・マルチネス アメリカ合衆国 IBF防衛3
23 2009年8月15日 12R 判定3-0 ラファエル・コンセプシオン パナマ WBA世界スーパーフライ級暫定王座決定戦
24 2010年2月13日 3R 1:33 KO マヌエル・バルガス メキシコ
25 2010年7月10日 8R 2:59 TKO エルナン・マルケス メキシコ WBA防衛1
26 2010年12月4日 4R 1:48 KO ウラジミール・シドレンコ ウクライナ WBCアメリカ大陸バンタム級王座決定戦
27 2011年2月19日 2R 2:25 TKO フェルナンド・モンティエル メキシコ WBC・WBO世界バンタム級タイトルマッチ
28 2011年10月22日 12R 判定3-0 オマール・ナルバエス アルゼンチン WBC防衛1・WBO防衛1
29 2012年2月4日 12R 判定2-1 ウィルフレド・バスケス・ジュニア プエルトリコ WBO世界スーパーバンタム級王座決定戦
30 2012年7月7日 12R 判定3-0 ジェフリー・マゼブラ 南アフリカ共和国 IBF・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦
IBF獲得・WBO防衛1
31 2012年10月13日 9R 1:54 TKO 西岡利晃帝拳 日本 WBO防衛2
WBCダイヤモンド王座リングマガジン認定王座獲得
32 2012年12月15日 3R 2:59 KO ホルヘ・アルセ メキシコ WBO防衛3
33 2013年4月13日 12R 判定0-3 ギレルモ・リゴンドウ キューバ WBA・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦
34 2013年11月9日 9R 2:06 TKO ビック・ダルチニアン オーストラリア
35 2014年5月31日 5R 0:01 負傷判定
3-0
シンピウィ・ベトイェカ 南アフリカ共和国 WBAスーパー・世界フェザー級タイトルマッチ
36 2014年10月18日 6R 2:59 KO ニコラス・ウォータース ジャマイカ WBA世界フェザー級王座統一戦
37 2015年3月28日 2R 2:16 TKO ウィリアム・プラド ブラジル NABF北米スーパーバンタム級王座決定戦
38 2015年7月18日 2R 1:41 TKO アンソニー・セトゥル フランス
39 2015年12月11日 12R 判定3-0 セサール・ファレス メキシコ WBO世界スーパーバンタム級王座決定戦
40 2016年4月23日 3R 2:44 TKO ゾルト・ベダク ハンガリー WBO防衛1
41 2016年11月5日 12R 判定0-3 ヘスス・マグダレノ アメリカ合衆国 WBO陥落
42 2017年9月23日 10R 判定3-0 ルーベン・ガルシア・エルナンデス メキシコ WBC世界フェザー級シルバー王座決定戦
43 2018年4月21日 12R 判定0-3 カール・フランプトン  イギリス WBO世界フェザー級暫定王座決定戦
44 2018年11月3日 4R 終了 TKO ライアン・バーネット  イギリス WBAスーパー世界バンタム級タイトルマッチ
45 2019年4月27日 6R 2:37 KO ステフォン・ヤング  アメリカ合衆国 WBA防衛1
46 2019年11月7日 井上尚弥大橋  日本 WBA・IBF世界バンタム級王座統一戦

井上尚弥選手とノニト・ドネア選手のオッズが発表された


現在井上尚弥選手とノニト・ドネア選手のオッズは

井上尚弥選手1.1倍ドネア11倍となっている模様!!


ノニト・ドネア選手はたしかに強いことは間違いありません。

しかし、今の井上尚弥選手であれば間違いなく勝てる相手だと思いますし、これからさらに上を目指すためにも勝たなければ行けない試合です。

NHKのBS放送も決まりましたし、日本中が応援する準備がすでにでているといった様相です。

みんなで応援しましょう!!

WBSS決勝「井上尚弥VSノニト・ドネア」試合日程と地上波テレビ放送

井上尚弥選手の【全試合結果】まとめ!19戦19勝16KOすべて紹介

WBSSバンタム級で優勝したら井上尚弥選手の獲得賞金はいくら


スポンサーリンク