今回はウラディミール・バレティン選手の年俸と年俸推移、そして今までの日本球界にきてからの成績や獲得タイトルについて紹介していきます。

現在日本球界で活躍されているバレンティン選手ですが、国内FA権を取得したので来季(2020年)からは日本人選手と同じ扱いになるため外国人選手枠から外れることになります。

年齢はすでにピークを超えていますが2019年シーズンもしっかりと30本以上を打っており十分戦力となっていることを証明しているので今年の去就に注目が集まることは間違いないでしょう。

この記事では、バレンティン 選手の日本プロ野球界に来るまでの生い立ちや、日本球界での成績・獲得タイトルを紹介するとともに今後の去就について考察したいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

スポンサーリンク

ウラディミール・バレンティン選手の日本球界までWiki

バレンティン 選手は1984年7月2日生まれの、現在東京ヤクルトスワローズに所属するオランダ王国キュラソー島ウィレムスタット出身のプロ野球選手です。

  • 現時点でのプロ野球シーズン本塁打記録保持者(60本2013年達成)
  • 長打率記録保持者(.779 2013年達成)
  • 3年連続本塁打王(2011年〜2013年)

このような素晴らしい記録をプロ野球で成し遂げてきたバレンティン選手は怪我の影響で15試合にしか出なかった2015年を除いた全てのシーズンで30本塁打以上を記録しているすごい選手です。

そんなバレンティン選手はどん経歴を持っているのか紹介していきます。

 

バレンティン少年が初めて野球をしたのが5歳。そして12歳で地元のリトルリーグのチームに入りました。

それから4年後の2000年7月9日に

バレンティン少年は16歳になりなんとメジャーリーグのシアトル・マリナーズと契約。野球を本格的に初めて4年でメジャーと契約は凄すぎw

ルーキリーグでプレーしメジャーリーグのしたのマイナリーグよりもさらに下のリーグでプレーしながら経験を積みます。2004年にはアテネオリンピックのオランダ代表に選ばれています。

マリナーズと契約してから8年後にメジャーの1つしたのリーグであるマイナーリーグへ昇格し2008年4月30日にメジャー初昇格をします。71試合に出場し7本塁打・79三振、打率.202の成績を残します。

その後はメジャーリーグのシンシナティレッズへ移籍し、メジャーリーグの試合で推定飛距離151mと言われる本塁打を記録するも2010年は3Aで116試合に出場し25本塁打78打点12盗塁打率.282という成績を残し、2010年オフにマイナーリーグFAとなりました。

マイナーリーグFA』という制度もあり、40人枠に入れなかった期間(マイナー契約期間)が1032日間に達した選手がFA権を取得する。

2011年からは11月18日肩の強さと状況に対応できるチームバッティングが評価され東京ヤクルトスワローズと2年契約の合意を発表。

 

そして様々な記録を残しながら現在に至ります。

ウラディミール・バレンティン選手の年俸と年俸推移

2011年 6000万円 27歳
2012年 7500万円 28歳
2013年 8000万円 29歳
2014年 2億0000円 30歳
2015年 2億5000万円 31歳
2016年 3億6000万円 32歳
2017年 3億3000万円 33歳
2018年 3億3600万円 34歳
2019年 4億4000万円 35歳

グラフをみて分かる通りバレンティン選手の年俸は順調に伸びています。2015年シーズンを除く全シーズンで30本塁打を打ち、本塁打王もNPB史上5人しかいない3年連続本塁打王を獲得していれば納得の年俸と言えますね。

また東京ヤクルトスワローズには素晴らしい外国人選手が多いイメージですが、例えばバレ以外にもペタジーニやラミレス、イムチャンヨン (林昌勇)といった外国人選手ですがヤクルト時代で4億円を超えている選手はいないのが現状です。

なのでウラディミール・バレンティン選手はヤクルト史上最高額の年俸をもらっていることになります。

バレンティン選手の2011年〜2019年までの成績と獲得タイトル

それではここからはバレンティン選手の2011年〜2019年までの打撃成績や守備での成績、そして獲得タイトルについて紹介していきます。

バレティン選手の2011−2019年のシーズン・通算の打撃成績











O
P
S
2011 ヤクルト 140 555 486 63 111 22 1 31 228 76 6 61 131 .228 .314 .469 .783
2012 106 422 353 58 96 13 0 31 202 81 2 64 92 .272 .386 .572 .958
2013 130 547 439 94 145 17 0 60 342 131 4 103 105 .330 .455 .779 1.234
2014 112 446 366 61 110 12 0 31 215 69 3 75 95 .301 .419 .587 1.007
2015 15 52 43 4 8 2 0 1 13 6 0 9 14 .186 .327 .302 .629
2016 132 537 457 64 123 20 0 31 236 96 5 72 116 .269 .369 .516 .885
2017 125 519 445 60 113 14 1 32 225 80 1 70 112 .254 .358 .506 .864
2018 142 602 514 72 138 22 0 38 274 131 3 85 121 .268 .370 .533 .904
2019 120 468 410 65 115 13 0 33 227 93 3 54 117 .280 .363 .554 .917
NPB:9年 1022 4148 3513 541 959 135 2 288 1962 763 27 593 903 .273 .378 .558 .936
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPBでの歴代最高

バレンティン選手の最大の特徴である長打率目を見張るものがあります。

2020年も日本球界でプレーすると予想されますが10年で300本塁打もこのままいけばあっさりと達成するでしょうね。

年度別の守備成績



外野(OF)



2011 ヤクルト 140 217 11 8 3 .966
2012 97 139 4 2 0 .986
2013 123 205 3 6 0 .972
2014 99 158 5 6 1 .964
2015 14 18 1 1 0 .950
2016 122 166 9 4 1 .978
2017 123 183 6 8 2 .959
2018 131 175 3 6 0 .967
2019 104 132 2 6 0 .957
NPB:9年 953 1393 44 47 7 .968
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

成績を見るとバレンティン選手がNPBでもっとも失策が多い選手になっています。捕球の面でマイナスですが強肩はイチローも認めるほどの実力だそうです。

ヤクルトファンではないのであまり守備をしているプレーをみたことがありませんが、打撃での成績を安定感など素晴らしい数字を残しているのでこの辺は問題ないのかもしれませんね。

ちなみに2017年のWBCではWBC最優秀外野手に選出されています。

日本プロ野球かいでの獲得タイトル

年度 獲得タイトル 表彰
2011 本塁打王 月間MVP5月
ジョージア魂賞
オールスターゲーム敢闘選手賞
2012 本塁打王 月間MVP4月
ベストナイン
2013 本塁打王(3年連続はセリーグでは王貞治以来史上2人目)
最高出塁率
最優秀選手
ベストナイン
月間MVP6月・8月
燕市年間ヒーロー賞
2014 最高出塁率
2015
2016 オールスターゲーム敢闘選手賞
2017 WBC最優秀外野手
2018 打点王
2019

 

バレはヤクルト年俸1位!?山田哲人・青木宣親との年俸をランキング比較

東京ヤクルトスワローズで年俸が2019年シーズンで1億円を超えている選手をランキングしています。

高額順 選手名 年俸額
1位 ウラディミールバレンティン選手 4億4000万円(4億4100万円とも言われています)
2位 山田哲人選手 4億3000万円
3位 青木宣親選手 3億3000万円
4位 ブキャナン選手 2億7500万円
5位 川端慎吾選手 1億4000万円
5位 坂口智隆選手 1億4000万円
6位 石山泰稚選手 1億円
6位 雄平選手 1億円

そして、いずれこの欄にヤクルトの期待の星「村上宗隆」選手が来るのもそう遠くはないでしょう!

ヤクルトファンだけでなく全ての野球ファンが興奮する記録をどんどん重ねて1億円突破を達成して欲しいですね!

2019年以降のバレンティン選手の去就「巨人」へいく可能性は?

最後に2019年シーズン途中にバレンティン選手が国内FA権を取得しました。また、年齢は35歳だし、年俸も高額だからどこの球団も欲しがらないだろうと言われているようですが、実は2球団が手を上げるのではないか?と言われています。

それが巨人とDeNAです。(さらに最新情報によるとソフトバンクも狙っているという噂があります)

2019年シーズンもバレンティン選手は本塁打33本塁打、93打点打率.280という記録を残し非常に安定した成績を納めています。

なので高額年俸必須の移籍になることは間違いないでしょう!

ちなみにバレンティン 選手は国内FA権を行使する模様です。

FA宣言すれば11月3日から所属球団以外とも交渉が可能になるので注目ですね!ただしソフトバンクが獲得に興味を持っているならバレンティン選手は本当に必要なのか疑問が残ります。


スポンサーリンク