2019年9月25日、日本プロ野球界を代表する一人の選手が引退会見を発表しました。

そう日本プロ野球界No1捕手と言われた「阿部慎之助」選手です。

巨人といえば阿部と多くの人がいうように、ミスター巨人とも言える選手がまた引退することになりました。

現在2019年10月23日は日本シリーズ真っ只中ですが、今回は球界を代表する阿部慎之助選手について紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

スポンサーリンク

阿部慎之助選手のWiki(プロ野球選手になるまでの生い立ち)

阿部慎之助選手は千葉県浦安市に生まれました。

阿部選手の母が芸名「ピーター」として有名な池畑慎之介ファンだったことから名付けられたそうです。

実業団野球チームに所属していた父(東司さん)の第2子として生を受け長男としてスクスクと育ちします。

父である東司さんはあの天才打者「掛布雅之」さんと高校の同級生で掛布元選手が3番、阿部選手の父が4番を務めていて甲子園にも出場しています。

阿部選手は左の強打者で有名ですが、これは掛布さんに憧れて影響を受けたからという逸話もあります。浦安市立浦安中学校から安田学園高等学校へ進学し、高校では通算38本のホームランを打ちました。

その後は中央大学商学部に進学し大学3年生まで東都大学野球連盟2部リーグでプレーをしています。2部リーグでの通算成績は

51試合出場 186打数58安打 打率.312 12本塁打 41打点

という成績を記録します。

大学3年生の秋からは東都大学野球連盟1部リーグへ昇格。

1部リーグでの成績は

28試合 92打数27安打 打率.293 5本塁打 19打点

という成績を残し、ベストナインにも選ばれました。その後は2000年9月のシドニーオリンピック代表にも選出されています。

そして、2000年11月のドラフト会議でドラフト1位(逆指名制度)で読売巨人軍に入団。

当時の契約金は、最高標準額の1億円+出来高払い5,000万円を超える10億円契約を結んでいたことがのちの複数の関係者の証言で明らかになりました。

阿部慎之助選手のプロ野球人生の年俸推移【合計は47億円以上】すごっw

 

年俸
2001 1300万円
2002 3800万円
2003 7800万円
2004 7500万円
2005 1億2000万円
2006 1億4000万円
2007 1億4000万円
2008 2億4000万円
2009 2億7000万円
2010 3億5000万円
2011 4億0000万円
2012 4億0000万円
2013 5億7000万円
2014 6億円
2015 5億1000万円
2016 3億2600万円
2017 2億6000万円
2018 2億1000万円
2019 1億6000万円

このように年俸推移となっています。

合計金額は47億6,000万円となっています。いや〜ここまで稼ぐプロ野球選手は中々いないですよね!

さすが阿部選手ですね。

阿部慎之助選手のプロフィール

生年月日 1979年3月20日(40歳) 出身地 千葉県浦安市
投打 右投げ左打ち ポジション 捕手・一塁手
ドラフト 2000年ドラフト1位 契約金
経歴 浦安市立浦安中学校→安田学園高等学校→中央大学→読売巨人

阿部慎之助選手の19年間の公式戦の成績











O
P
S
2001 巨人 127 428 386 40 87 18 0 13 144 44 3 31 7 7 79 .225 .293 .373 .666
2002 127 511 446 62 133 26 0 18 213 73 4 46 12 12 81 .298 .377 .478 .854
2003 94 371 314 46 95 15 1 15 157 51 1 40 6 9 52 .303 .392 .500 .892
2004 108 436 379 61 114 22 1 33 237 78 0 43 1 13 87 .301 .391 .625 1.016
2005 130 534 476 56 143 16 0 26 237 86 0 51 4 1 78 .300 .365 .498 .863
2006 129 497 452 39 133 26 2 10 193 56 0 35 4 4 76 .294 .349 .427 .776
2007 140 580 499 72 137 20 0 33 256 101 1 57 7 11 76 .275 .355 .513 .868
2008 125 484 428 60 116 27 0 24 215 67 1 44 5 8 66 .271 .350 .502 .852
2009 123 462 409 63 120 20 2 32 240 76 1 34 0 10 87 .293 .357 .587 .943
2010 140 569 498 85 140 27 2 44 303 92 0 58 3 11 91 .281 .368 .608 .976
2011 114 437 390 45 114 21 0 20 195 61 1 35 2 9 66 .292 .363 .500 .863
2012 138 556 467 72 159 22 1 27 264 104 0 69 6 9 47 .340 .429 .565 .994
2013 135 529 422 81 125 17 0 32 238 91 0 86 9 15 59 .296 .427 .564 .991
2014 131 526 459 49 114 24 0 19 195 57 1 58 5 7 77 .248 .340 .425 .765
2015 111 419 343 44 83 14 0 15 142 47 0 64 1 8 84 .242 .370 .414 .784
2016 91 387 335 43 104 13 0 12 153 52 0 44 1 4 55 .310 .394 .457 .850
2017 129 512 455 41 119 13 0 15 177 76 0 41 1 8 67 .262 .329 .389 .718
2018 95 223 198 22 49 6 0 11 88 46 0 21 2 2 55 .247 .324 .444 .769
2019 95 192 158 15 47 8 0 7 76 27 0 28 2 4 23 .297 .411 .481 .892
通算:19年 2282 8653 7514 996 2132 355 9 406 3723 1285 13 885 78 152 1306 .284 .368 .495 .863

年度別打撃成績











2001 23 セ・リーグ
2002 24 10位 9位
2003 25
2004 26 8位
2005 27
2006 28
2007 29 5位 4位
2008 30 9位 7位
2009 31 10位 2位
2010 32 3位 6位
2011 33 4位 9位
2012 34 1位 4位 2位 1位
2013 35 6位 3位 3位
2014 36
2015 37
2016 38
2017 39
2018 40

年度別守備成績



捕手 一塁













2001 巨人 125 846 63 4 8 6 .996 68 44 24 .353
2002 126 1013 65 6 15 9 .994 50 30 20 .400
2003 93 772 51 7 4 4 .992 61 39 22 .361
2004 108 894 56 2 10 4 .998 56 38 18 .321
2005 98 793 55 8 10 1 .991 72 53 19 .264 32 263 14 3 14 .989
2006 128 916 83 3 7 7 .997 88 49 39 .443
2007 139 1001 74 8 9 8 .993 70 50 20 .286
2008 122 914 82 4 15 4 .996 79 50 29 .367
2009 107 715 67 4 7 5 .995 80 54 26 .325 10 71 5 0 6 1.000
2010 137 958 94 1 10 7 .999 97 61 36 .371 5 41 1 2 5 .955
2011 112 758 75 2 12 3 .998 61 41 20 .328 1 4 0 0 0 1.000
2012 116 788 70 7 8 1 .992 57 37 20 .351 21 175 7 3 17 .984
2013 119 858 71 1 5 5 .999 76 48 28 .368 5 39 4 0 3 1.000
2014 111 699 69 1 12 3 .999 66 48 18 .273 24 175 8 1 15 .995
2015 25 167 16 0 0 0 1.000 18 9 9 .500 78 652 35 2 44 .997
2016 84 705 37 10 68 .987
2017 115 962 45 5 76 .995
2018 41 272 9 1 13 .996
通算 1666 12092 991 58 132 73 .996 999 651 348 .348 416 3359 165 27 261 .996

応援歌

最高の笑顔 見みせてくれ慎之助 明るくたくましく 導けよ永久(とわ)に

参考:2019年読売ジャイアンツ選手応援歌より

【感動をありがとう】阿部慎之助選手のホームランまとめ

全盛期のホームラン集

記念すべき400号ホームラン

引退発表してから会見で語ったこと

現役19年間で思い出のシーンはという質問で

「う〜ん、今ですかね。まさかこういう記者会見をこんな盛大にしてくれるとは思っていなかったですし、引退を決めて喋っているというのは想像できなかったです。今が最高の思い出かなと思います。」と語りました。

そしてプロ野球界で活躍できた原動力については

「誰よりも野球が好きです。そこが原動力だと思います。」と語っています。

また、印象に残る言葉として

「ここ数年代打で出場した時の(ファンからの)声援は身震いするくらい感謝しています。それがあったからこそ「よーしっ!」という気持ちになりましたし、ありがたいですよね。」と感謝の言葉を語っていました。

2019年日本シリーズは福岡ソフトバンクホークスが勝利!試合終了後まさかの展開!!

いや〜これぞまさにノーサイドゲーム!!

ラグビーのワールドカップで広まったノーサイドゲームという言葉ですが日本シリーズ終了後、まさかの展開が起こりました。

なんと優勝したホークスの選手たちが2019年で引退する阿部慎之助選手を胴上げ!!

10回も中に浮いて最高の思い出になったのではないかと思います。

【レジェンド】阿部慎之助選手の年俸・成績・獲得タイトルまとめ

ここまでレジェンドとなった元読売巨人軍「阿部慎之助」選手ですが、巨人軍のファンではない人までも感動させる選手だったと思います。

記憶にも記録にも残る、まさに名選手でした。

個人的には頼れる兄貴的な存在だったと思いますし、巨人の精神的支柱だったと思います。そんな選手がまさに惜しまれながらの花道を飾りました。

これからどんな風に過ごしていくのかは分かりませんが、巨人軍のコーチ・監督となって巨人をさらに盛り上げてくれることを期待したいと思います。

感動をありがとう!!


スポンサーリンク